2009/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
ありがとうございました

091224_1656~01

今年 おばあちゃんちにやってきた

クロネコちゃん姉妹。

クーとチャーです。(おばあちゃん撮影)




写真じゃさっぱり意味不明ですが

どうぞお見知りおきを。






本年も、ソニアフラワーHP&ブログへ

お立ち寄り頂き、心より感謝申し上げます。

来年もまた、がんばりますので

どうぞ宜しくお願い致します。


皆さま お身体大切に

どうぞ佳い新年を お迎え下さいますよう

お祈り申し上げております。




cp1.jpg



スポンサーサイト



 
X'masに \\クロス//



091223_161829.jpg


・・っていうより ・・・











091223_161853.jpg 


(まんじ)?

 

 


 

 

みなさん 

どうぞ素敵なクリスマスイヴを

・・・・・

1224b.jpg 

 

by

CUB  &  PICCOLI

 

 

 

 
あまりの寒さに・・・

091218_193405.jpg

わたしの電気敷きマットを二匹で占領 A ̄▽ ̄;) ・゜゜・



えらい遠近法で写って、ピッコリが小さいけど

それにしても、カブ・・・
あんたちょっと ナマコみたいやで。。。







091218_193419.jpg

うん。
ほんまは、これくらいの差ぁです。
(;^△^:)>

 

カブ・・

寒鰤?






みなさん
今夜はまた、うんと冷えるそうです。
どうぞ、あったかくして お休み下さいね。。。







 
兄弟

これは



091216_161154.jpg

写真が逆さなのではなく

 



091216_161057a.jpg


このように


ピッコリがカブにちょっかいを出している図で・・・

 

 



091216_161002.jpg

最初はちょっと相手になっていたカブも


もう背中を向ける始末。。。

 

ピッコリの片手(片足?)が、落ちないように

椅子の肘掛をつかんでいるのも笑える。




血もつながってないのに


どうしてこう


ピッコリは完全な弟気質なんでしょね~・・・


┐( ̄▽ ̄;)┌

 

 

 

 
(o^^o)



091213_140247.jpg




笑ってるみたい^^








 
すっかり

尿路疾患も治り

いつものひょうきんピッコリに。

091213_182454.jpg

二人(正・二匹)で、お母ちゃんの愛車を横取り。






091213_182430.jpg

う~~ん 相変わらず乗り心地は最高だニャ~
これでカブが降りてくれたら、もっといいのにニャ~

と、言わんばかり。








091213_145158.jpg

身体の芯から温まる という
遠赤のストーブの前で




091213_144537.jpg

また仲良くお昼寝・・・
ほんに、身体の芯から温もるニャ~






091213_145219.jpg

カブの顔がじゃまだニャ






ったく・・・ ┐( ̄▽ ̄;)┌

尿路疾患小僧やったくせに
高い療養食も、もう食べない。


代わりにカブが食べている・・・・ A ̄▽ ̄;) ・゜゜・


ま、えっか。

カブ、尿路疾患予防になるね。





ほんまにほんまに 

ピッコリ 

治ってよかったよぉ~~



 
胡麻無双
なるものを、作りました。






091209_133440.jpg






先日、友達が作って送ってくれたものが
すぐになくなってしまったからなのだけれど。

その友達は、正食を勉強されているのだが
これはきっと名前からして
昔からある精進料理の一つなんだと思う。


・・・友達
と、書かせて頂いたが
本当は、私の足心道のお師匠さんでもある。

今年の1月に、旧い友人を介して知り合って
遠いところの方なので
お会いできたのは、一度だけ。
あとはメールのやりとりのみなんだけれど

足心道のことなど
私が質問することは全て
お忙しい中を、いつでも丁寧に教えて下さる。

そうするうちに
だんだんとくだけてお話もさせて頂くようになって

つい先日は
自家製のお味噌を送って下さった。

その荷物の中に、
「胡麻無双」が入っており
レシピも書いていてくださったので
早速 作ってみたのだった。





この「胡麻無双」って、まぁあ~~美味しいのだ。
まるで、トリュフ(ドリフとちゃうで)のように見えるこのお団子を
お箸で崩しながら、ご飯にふりかけて頂くのだけれど

「胡麻無双」とは、よく名づけたものだと思う。

胡麻って、キライな人はいないんじゃないかと思うけど
胡麻豆腐はたまに苦手な人がおられるみたい。

これはその名のとおり
ふたつとない胡麻の味だった。

送って頂いたのを、すぐに食べてしまったので
これは絶対、作ろう! と思ったのだ。


091209_153428.jpg



食べてみて尚わかるのだが
つくづく
滋養があるだろうな~~ と思われる。

玄米ご飯にもとてもよく合うが
もちろん、白いご飯にも美味しいと思う。

身体が弱っているときなんかは
お粥に梅干と、この胡麻無双が
なんともよさそうだ。
カゼなんかのときには
身体があたたまって
五臓六腑にゆっくりと活力が生まれるような・・・
そんな滋味がある。



かんたんに作れます。
保存食にもなって、何もないときや
朝食、ちょっとしたお夜食にも重宝しそう。
力自慢でない方は、男手があるときがいいかな?

レシピを書いておきますので、出来たら是非、お試し下さい。



☆作り方☆

黒炒り胡麻と八丁味噌を同量。
 嵩ではなく、重さ。 
 グラム数を同量に。
材料はこれだけです。

胡麻はすり鉢でよ~くすります。
胃腸の弱い方は、
少しねっとりしてくるまですった方が
いいかもしれません。
力仕事です。

それを、八丁味噌とよ~くよ~く混ぜ合わせます。

火にはかけずに、混ぜます。

お味噌の水分を、胡麻がすっかり吸ってしまうので
タネが重く硬くなりますから
これまた、えらい力仕事です。


こうして出来た胡麻味噌ダネを

圧をかけて、板チョコみたいに延ばすか

お団子状に丸めます。

最初、板状に延ばしかけたんですが
どうもポロポロと崩れやすいようなので
頂いたものと同じように
お団子にしました。

ピンポン玉より小さめを
私は、ラップで茶巾にしてから
くるくる丸めて作りました。

それが出来上がったら
オーブントースターや
魚焼きグリルで(私はグリルで焼きました)
表面を軽~く焼いたら
出来上がりです。




お味噌なので焦げやすく
それだけ、気をつけて・・・

なれてくると
コツがわかって

小さな火で短時間焼き
すぐにはグリルから取り出さず
荒熱が冷めるまでおくと
ゆっくり火が通り
少ない味噌の水分が
それ以上に蒸発して
味噌玉がちょっと軽くなる。

こうしておくと、充分 保存食に。


これ、一つお茶碗に入れ
上から熱いお湯やお茶をかけ
ちょっと鰹節を振ったり
お葱をちらしたら
あたたかい胡麻味噌スープが出来る。

私もおとーちゃんも
熱いお茶をかけただけのも
美味しくて大好き。

保存食にもなるというのに
あっと言う間に食べてしまうのが
この胡麻無双の、玉にキズだなや~。






 
尿路疾患・゜゜・
つい先日

この子 ピッコリが・・・  
 
091106_094918_convert_20091201153747.jpg

尿道が詰まり、オシッコがでなくなる という事態になりました。


その日の朝まで

いつも通り元気一杯ヤンチャをしていましたのに

気がつけば、トイレにばかり行く様子。


よくよく観察していましたら

砂にオシッコの塊なし。


「れれ~~~~っ!?」 

っと、青ざめてゆく自分を感じながら

もっとよくよく観察を続けますと

ポタポタと、この子の歩いたあとに

雫の滴下。


「ど、どうしたの!?」

と訊いたところで答えるはずもなく

ああ こんなとき、ドリトル先生が羨ましい (ノ_・。)



私一人では、何をしてやることも出来ず・・・



どんどん頻尿になるピッコリ。

そのうち、トイレの中や横でうずくまるようになり

歩き出したかと思うとヨロヨロの下半身。

尻尾の格好まで、いつもと違う。

しまいめには、オエオエと吐き始めました。


もう パニックです。

普段から、猫はよく吐くんですが

その内容はほとんど消化していないカリカリ餌。

このまま皿に戻したろか と思うほど

キレイに出てくるのが常なのに

なのになのに この時は違ったのです。


これはえらいことかもしれない。

私の頭の中は 竜巻状態。


すぐに病院へ連れて行ってやれないのが 

なんと情けないけど仕方ありません。


トイレの箱を置いている廊下に、ヒーターを運んだり

毛布や座布団を敷いてやったり。。。

でも、ぐったりしている感じはなく

一応、ご飯も食べるので

とにかく、なんとか一晩過ごしました。


091127_224226.jpg



翌朝、夫とダッシュで病院へ連れていくと

膀胱がパンパンだそうで

すぐにカテーテルでオシッコ取ってもらうことに。


尿道入り口付近に、不純物が詰まっていたんだそうです。




それから2日ほど、後遺症で膀胱炎状態となり

頻尿が続きましたが

昨日夕方あたりから、やっと復活しました。

考えてみたら、今は動物の夜間診療もあったんだった。

初めてのことで、そこまで頭が回らずに

可哀相なことをしました。




冬の猫は、水分摂取量が減る上に

温いところでゴロゴロと運動不足になりがちで

尿路疾患にかかりやすいんだとか。

・・・・・

耳の痛い私。

まったく一緒だっす。




今日はこの通り

091201_114547_convert_20091201171817.jpg

ほら、もう窓外の自由な小鳥に目が釘付け。





091201_114642_convert_20091201171856.jpg




やれやれ。

よかったな~。A ̄▽ ̄;)


元気が一番だニャ。




猫の皆さまも、人間の皆さまも

どうぞ 冬の尿路疾患にお気をつけあそべ。




 
カウンター
プロフィール

acco

Author:acco
あとしばらくで
山のお家に
お引越しすることに
なりました。

おかげでボクらは
山へ行ったり
街へ行ったり
(三①ω①三)(三①ω①三)
「メイワクだにゃ~」

そんなボクらを
ヨロシクにゃん♪

QRコード
QR
ただ今
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
  • ゆるゆる日和
  • acco's MUSEUM
  • たまーに ねこ日記
  • 管理者ページ
  • 月別アーカイブ